ドーヴィルからイギリス海峡を臨む

やっと海岸に到着!ドーヴィルからイギリス海峡を臨む

海辺の高級リゾート地ドーヴィルの海岸を歩いた

※当記事は『地球の歩き方リヨン特派員ブログ』から転載したものです

 

ドーヴィル観光局のステファンさんのお誘いで、リヨンからパリを経由してイギリス海峡の海辺の町ドーヴィルへやってきた。

 

ドーヴィル観光局のステファンさんとの再会

さて、待ちに待ったステファンさんとの再会の日。ホテルのフロントで待ち合わせをしていた。予定より少し早めに待機していたら、ステファンさんが笑顔で登場。ステファンさんとこんな会話を交わした。

マダムユキ:ステファンさん、お久しぶり。全然変わってないね。元気だった?ドーヴィルに誘ってくれてありがとう。こうして対面で会うのは2年ぶりね。ところで、ウイルス感染の広がりで、観光・旅行業は苦境にあるけど、ドーヴィルはどんな感じなの?

ステファン:わざわざ、来てくれてありがとう。今回は約束を守ってくれて嬉しいよ!ところで、ホテルの場所はすぐにわかっただろう?このホテルだけど、オープン後にコロナ禍だから、結構、大変だと思うよ。ぼくは外出制限が発令されてからテレワークが中心で、観光局に顔を出すのは週に1回程度かな。観光客からの問い合わせもほとんどないし、町は閑散としているし。といっても、ドーヴィルが賑わうのは4月以降だから、これから忙しくなると思う。そうなってほしいと願ってる。リヨンは大きな町だから、ドーヴィルよりも感染拡大が深刻なんじゃない?心配していたよ。

マダムユキ:あ~、元気でよかった!リヨンは検査陽性率が上昇しているってメディアが取り上げているけど、私はあいかわらずかな。外出制限下でも毎日オフィスで仕事をしているのよ。さすがに公共交通機関の利用は避けて、30分の徒歩通勤を始めたの。交通費を節約できると思っていたけど、実は、靴が傷むのが早いのよね。靴の修理代がかさむからどっちもどっちかな。

ステファン:へえ、まさか、今日、ヒールの靴?ああ、違うよね。よかった!これから海岸まで15分ほど歩いて、そのあと競馬場にもいくよ。そうそう、ぼくはドーヴィルとカンの間あたりに住んでいて、ドーヴィル観光局まで車で30分だから、さすがに徒歩通勤はできない。静かな村の一軒家に住んでいるんだ。

マダムユキ:いいなあ、外出制限の勝ち組だね。

ステファン:そうだね。テレワークも慣れれば悪くない。今までだってコミュニケーション手段はメールが中心だったから、どこにいても仕事はできるんだよ。そのことに気づかされたって感じかな。

マダムユキ:私はアパルトマン暮らしだから、そうはいかないのよ。ずっと家にいたら窒息してしまう。家から離れることで息抜きができるし。こうして人と実際に会うことは大切だと思わない?

ステファン:もちろんだよ。だから、ドーヴィルに誘ったんだ。これから海辺に建つヴィラを見学しよう。VIPなお客様にぴったりだよ。そこでランチだ!

と、ステファンさんがいつもの愛らしい笑顔を見せるものだから、とても嬉しくなった。ドーヴィルプチ旅行にきてよかった!

そんな会話をしていたところに、リヨンからローランさんとファニィさん、パリからティエリさんとダリアさんがフロントにやってきた。みんな旅行会社で働いている長年来の顔見知りだ。

「あれ、マダムユキ、久しぶりだね、こんなところで会うなんて。仕事はどう?」と、ローランさん。ローランさんはリヨンでワインツアーを専門とする旅行会社を経営していて、ワイナリーでばったり会うこともしばしば。「体は元気だけど、仕事は病んでいるわよ。」と答えると、そこに、ウクライナ出身でカンヌで旅行会社を経営しているイェウヘンさんがニコニコしながら登場。彼とは4年前にトゥールーズで会った以来だから感動の再開…のはずだったのだが、「イェウヘンさん、久しぶり。全然変わってないね。元気そうでよかった。ドーヴィルで再会なんて、ちょっとびっくりよ。フランスを縦断してきたのね」と声をかけると、「外出制限のせいで少し太ったよ。マダムユキは元気そうだね。安心したよ。そういえば、この前、カンヌに遊びに来るって約束したのに、音沙汰なしだったね。まあ、こんな機会に会えたからよかったけど」と、皮肉られてしまった…。「ごめんごめん、光陰矢の如し…」、心の中で「フランス語でなんていえばいいんだっけ?」と自問自答していると、ステファンさんが「ヴィラに行くよ。オニヴァ(On y va)」と号令をかけたので、先生の後についていく児童のように、みんな、ぞろぞろと歩きだした。

やっと海岸に到着!ドーヴィルからイギリス海峡を臨む

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。