ルーヴル美術館展 愛を描く2023年3月 1日(水)~開催! 会場 :国立新美術館 企画展示室1E

2023年3月1日(水)~6月12日(月)まで、国立新美術館 企画展示室1E(東京・六本木)にて「ルーヴル美術館展 愛を描く」が開催!

みどころ

ルーヴルが世界に誇る、厳選された「愛」の名画コレクション73点が集結!

概要

ルーヴルが誇る珠玉の“愛”の絵画が一堂に!

人間の根源的な感情である「愛」は、古代以来、西洋美術の根幹をなすテーマの一つでした。ギリシア・ローマ神話を題材とする神話画、現実の人間の日常生活を描く風俗画には、特別な誰かに恋焦がれる神々・人々の情熱や欲望、官能的な悦び、あるいは苦悩や悲しみが、様々なかたちで描かれています。一方、宗教画においては、神が人間に注ぐ無償の愛、そして人間が神に寄せる愛が、聖家族、キリストの磔刑、聖人の殉教といった主題を介して、象徴的に表されています。

本展では、西洋社会における様々な愛の概念が絵画芸術にどのように描出されてきたのか、ルーヴル美術館の膨大なコレクションから精選された73点の絵画を通して浮き彫りにします。16世紀から19世紀半ばまで、西洋各国の主要画家の名画によって愛の表現の諸相をひもとく、かつてない趣向の展覧会です。ぜひご期待ください。

引用:展示会公式ホームページ

開催

公式サイト
https://www.ntv.co.jp/love_louvre/

・展覧会名
ルーヴル美術館展 愛を描く
・会期
2023年3月1日(水)~6月12日(月)
・休館日
毎週火曜日
※ただし3/21(火・祝)・5/2(火)は開館、3/22(水)は休館
・開館時間
10:00~18:00
※毎週金・土曜日は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで

・会場
国立新美術館 企画展示室1E(東京・六本木)

〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
・主催
国立新美術館、ルーヴル美術館、日本テレビ放送網、読売新聞社、BS日テレ、ニッポン放送
・チケット
一般 2,100円
大学生 1,400円
高校生 1,000円
※税込
※中学生以下(学生証または年齢のわかるものが必要)は入場無料
※障害者手帳をご持参の方(付添の方1名含む)は入場無料
※2023年3月18日(土)~31日(金)は高校生無料観覧日(要学生証提示)
※国立新美術館では会期中に限り当日券の販売を予定しております。
チケット詳細はこちら>>

イベント

ルーヴル美術館 総裁・館長ローランス・デ・カール氏の講演会を開催!

講師:ローランス・デ・カール(ルーヴル美術館 総裁・館長)
日時:3月1日(水)14:00~15:30(13:30開場)
会場:国立新美術館 3階 講堂
定員:150名(先着順、申込不要)
※当日10:00より国立新美術館1階・中央インフォメーションにて整理券を配布します。

※フランス語講演、逐次通訳あり。
※聴講は無料ですが、本展の観覧券(半券可)の提示が必要です。
※内容や日時は都合により変更となる可能性があります。あらかじめご了承ください。

講演会詳細はこちら>>

 


当サイト紹介

パリミュージアムパスジャポンは、パリ旅行を専門にパリミュージアムパスと、パリ現地ツアーをご案内しております。

ルーブル美術館やベルサイユ宮殿などパリの有名な美術館や建築物をまわるなら「パリミュージアムパス」がお得!
パリミュージアムパスとは
約60の美術館に直接入場可能!切符売場に並ぶ必要がありません。パリ・ミュージアム・パス利用可能な施設を見学できる、美術館の共通入場フリーパス券!
▶スケジュールに合わせて3種類
パリ・ミュージアム・パスは、2日、4日、6日の3種類(すべて連続した期間) スケジュールに合わせてお選びになれます。

パリミュージアムパス2日券[48時間]

2日券チケット購入

パリミュージアムパス4日券[96時間]

4日券チケット購入

パリミュージアムパス6日券[144時間]

6日券チケット購入

ルーブル美術館の入場予約はお早めに!
人気のルーブル美術館は非常に混雑しているため、入場予約が必要になります。3ヵ月前からルーブル美術館公式サイトにてご予約が可能です。
予約についてはこちら>

 

関連記事一覧